さあ、グローバルビジネスをはじめよう!

世界で戦える日本人
日本人は、謙虚を美徳とする国民性。もちろん謙虚が美徳とすることは悪いことではない。悪いことではないが、もっと自信を持っていい部分は、どんどん自分をアピールして広く活躍の場を広げていっても良いとも思います。

日本企業・日本人の強みはチームワーク
学校を卒業して日本企業に就職した人たちの中で、仕事の関係で会社から米国への出張を言い渡され、米国に赴任し駐在しなければならなくなった方も多くいます。米国に限らず、海外、現地の人材をマネジメントし、現地での販路拡大に伴う急成長を支えるようにまでなった日本人の海外赴任者は大勢います。そんな方々の多くも渡米、赴任当初は日本と現地の商習慣の違いなどにとまどってしまったという方も少なくはないでしょう。

「アメリカの場合、日本人の営業担当自身が実際にお客さまと商談するわけではなく、お客さまとの間にブローカーが入り、我々のセールス活動を代行するんです。例えば米国大手のウォルマートとの商談でも、まずブローカーがウォルマートのバイヤーにアポイントを取り、そこに米国人セールスマン、営業や工場の駐在員などの社員が同行するわけです。こうしたアメリカ特有の商売の仕組みを理解し、ブローカーを交えた商談での駆け引きが分かるようになるまで、しばらく時間がかかりました。また、そうした商談の場では業界特有の言葉も飛び交います。その言葉を理解でき、どういう内容を話しているのかが分かるようになるまでにも数年はかかりました」

これは、ある日本企業の現地法人に赴任した日本人が取材に答えてくれた言葉です。

この方の言葉にもあるように、仕事は決して楽ではなかったことでしょう。慣れない商習慣に土・日も殆ど休むことなく働いていたかもしれません、現地のブローカーや営業、セールスマンに工場の駐在員などとコミュニケーションを取るために、色々と苦労も多かったことでしょう。土・日も関係なく働き、あるいは土・日は休みを取ったとしても、翌週からの仕事の準備のため、家でもおちおちと休んではいられない毎日だったことでしょう。

現地駐在員の忙しい日々
さらには現地の日本人駐在員の数も無尽蔵にいるわけではなく人数も限られていたことでしょうから、ひとりで複数の仕事をこなさなければならなかったことでしょう。数少ない日本人スタッフ間の風通しは良くし、いわゆる「部署間の壁」などというものは取っ払い、やらなければならないことは何でも今からでも皆ですぐやろうというように自然と問題意識が共有できるようになったという。誰もが自分の担当仕事には拘らず、いろいろな仕事を担当し、皆で共有、協力しあい、大きなひとつのものを実現させていけたといいます。自分が力を抜くようなことをすればその分、他の人に迷惑をかけてしまう、仕事の負担がかかってしまう。そんな意識が限られた人数で海外に駐在している皆の中に自然と芽生えていきました。だから、本当に皆が支え合っていけました。そうしたチームワークこそが米国の、現地の人たちにはない私達日本人の強みなのかもしれません。この日本人の持つチームワークこそが、海外駐在を成功に導けた一番の成功の要因だったのかもしれません。

縁あって日本人に生まれてきたあなたにも、日本人の持つ素晴らしさはきっとあります。その素晴らしさを広い世界でもっと生かしていくためにも、狭い世界に閉じこもっているのではなく、さあ、もっともっと広い世界に飛び立っていきましょう。

Request its Catalogue & Quote.

  • Your Country
  • Your Name *
  • Your E-mail *
  • Security words

About Mina

am MINA in Japan. I work at my fathers automobile shop named Hiroshima Automobile. am exporting used cars internationally at there.

View all posts by Mina →